障害者の人への接し方

障害者への接し方のマナーは、その障害も種々様々であり一概にこうだとは言い切れないものがあります。たとえば、視覚障害の方の場合は、白杖を持っていることで気づきやすいでしょう。

電車の中での障害者へのマナー

電車など公共の場での障害者に対するマナーは、今まで余り語られていませんでしたが、矢張りうやむやにせずきちんとこの問題に向き合うことが求められます。

障害者用の駐車場利用はマナーを守って

障害者用の駐車場が、病院、公共機関、スーパーなどでも定着していますが、特に、係員がいないスーパーやコンビニなどではマナーを守らず健常者がそこへ停めていることが珍しくありません。

身体障害者へのマナーの基本

健康であるというのは本当に素晴らしいことです。自分の望むことが自由にできるからです。傾斜の多い山登りや川の流れの激しい川下りでも自由にできるでしょう。

また、日常生活を難なくこなすことができます。しかし、障害を抱えて生活している人はそういうわけにはいかないかもしれません。それで、障害者に対して思いやりと理解を示す必要があります。そのために大切なことは、障害者へのマナーの基本を身に着けることです。

その一つが、障害者を見下げないということです。生まれつき障害を持っている人もいれば、交通事故にあって障害を抱えるようになった人もいます。どちらの場合にも大切なことはその人の価値を認めるということです。

障害者の中には、自分が人とは違うということに劣等感を持っている人もいますし、相手に迷惑をかけてしまっている、という申し訳ない気持ちを持っている人もいます。それで、相手を見下げたり邪魔者扱いであるような発言は絶対にすべきではない。というのがマナーの基本です。かといって、あまりにも過保護に扱ったり特別に接するなら逆に自尊心を傷つけてしまいます。

それで、障害を持っていることに思いやりと配慮を払いつつも、その人のできることは自由にさせてあげることは大切です。そして、自分がその人のために何でも力になる。ということをしっかりと伝えましょう。そうすれば、障害を持っていても自分の好きなことを周りの人の協力を得て自由に行うことができるでしょう。

障害者の人への接し方

障害者への接し方のマナーは、その障害も種々様々であり一概にこうだとは言い切れないものがあります。たとえば、視覚障害の方の場合は、白杖を持っていることで気づきやすいでしょう。手伝いをする時には、分かりやすく声をかけてから接するようにしましょう。...  続き ⇒