障害者の人への接し方

障害者への接し方のマナーは、その障害も種々様々であり一概にこうだとは言い切れないものがあります。たとえば、視覚障害の方の場合は、白杖を持っていることで気づきやすいでしょう。

電車の中での障害者へのマナー

電車など公共の場での障害者に対するマナーは、今まで余り語られていませんでしたが、矢張りうやむやにせずきちんとこの問題に向き合うことが求められます。

障害者用の駐車場利用はマナーを守って

障害者用の駐車場が、病院、公共機関、スーパーなどでも定着していますが、特に、係員がいないスーパーやコンビニなどではマナーを守らず健常者がそこへ停めていることが珍しくありません。

マナーと理解

障害者に接する時には、マナーと理解が欠かせません。

一口に障害があると言っても、生まれつきの障害や病気や事故によって障害を抱えている方などさまざまです。

障害の種類も、精神、内部、身体などいろいろな障害があるので、単に見た目で理解できないことも少なくありません。

健常者に見えても、内部障害を抱えていたりするからです。

車いすや杖などを使用している場合には、外観で分かることが多いのですが、使用していない方でも重度障害を抱えて歩いている方もいます。

理解をするには、そうとうの知識が必要になるでしょう。

健常者が障害者へのマナーを守ることすら徹底されていないのが、日本の現状です。

障害者駐車場に健常者が空いているからという理由で勝手に駐車をしたり、白杖で歩いておられる方に欠かせない点字ブロックの上に自転車を停めたりといったことは、まだまだたくさんあります。

また、多目的トイレの使用でも車椅子の方はそこしか使えないのに、健常者が空いているからという理由で使う場合もあります。

個々の障害を深く知ることは、たやすいことではありませんが、健常者が出来ることはこうした場所でのマナーをきっちりと守ることがやがては理解につながると言えるでしょう。

社会には、健康な方もいるし、障害を抱えて暮らしている方もいることを、一人一人が念頭に置いておくことで、障害者の困りごとを出来るだけ減らせるようになるでしょう。

健常者は、自分目線の行動ではなくこうしたマナーを持っておくことがとても社会においては重要な役割を果たすことになります。

電車の中での障害者へのマナー

電車など公共の場での障害者に対するマナーは、今まで余り語られていませんでしたが、矢張りうやむやにせずきちんとこの問題に向き合うことが求められます。まず全体的に言えることですが、次の駅で降りるなどの正当な理由なく電車の出入り口で立ち塞がることは...  続き ⇒

障害者用の駐車場利用はマナーを守って

障害者用の駐車場が、病院、公共機関、スーパーなどでも定着していますが、特に、係員がいないスーパーやコンビニなどではマナーを守らず健常者がそこへ停めていることが珍しくありません。店舗の側にあり、空いているから健常者が停めてもいいのではないかと言...  続き ⇒