障害者の人への接し方

障害者への接し方のマナーは、その障害も種々様々であり一概にこうだとは言い切れないものがあります。たとえば、視覚障害の方の場合は、白杖を持っていることで気づきやすいでしょう。

電車の中での障害者へのマナー

電車など公共の場での障害者に対するマナーは、今まで余り語られていませんでしたが、矢張りうやむやにせずきちんとこの問題に向き合うことが求められます。

障害者用の駐車場利用はマナーを守って

障害者用の駐車場が、病院、公共機関、スーパーなどでも定着していますが、特に、係員がいないスーパーやコンビニなどではマナーを守らず健常者がそこへ停めていることが珍しくありません。

関連情報まとめ

障害者に対するマナーの情報をまとめて紹介します。

まず、障害は種々様々であり、生まれつきの障害や病気や事故による障害もあるので、ひとくくりには出来ないものですので、それぞれの状態に応じて手助けとなることが健常者にあれば、伺った上で行うようにしましょう。

外見だけで不自由さを決めつけてしまうのは、障害者にとってはたとえ手助けをしてもらっても、時間をかければ出来る行為もあるので、困っている様子を見かけたらまず声をかけるのがマナーです。

また、身体障害の方の場合には、特に外出をするにしても不自由さを伴います。

障害者駐車場は、そこでしか駐車出来ない方のための駐車場だということを理解しましょう。

健常者の方が空いているからという理由で駐車をするのは、明らかなマナー違反です。

こうした障害者駐車場の側には、バイクや自転車なども駐車しないようにしましょう。

ドアの開閉で幅広いスペースがないと乗り降り出来ない方も多いからです。

次に、多目的トイレの使用にも、特別な事情がない限りは、障害がある方、妊婦の方などを優先させるためにも、健常者は一般のトイレを使用するのがマナーです。

駐車場と同様にそこでしか使えないという障害を持っている方もいることを頭に置いておくことが大切です。

そして、障害がある方に接することで、健常者にとってもどんな風に接することがベストなのかが理解できる足がかりになります。

完璧な理解は求めないにしても、こうした情報を得ることで、社会全体が障害者にとって優しい対応が出来るようになる一助となります。