障害者の人への接し方

障害者への接し方のマナーは、その障害も種々様々であり一概にこうだとは言い切れないものがあります。たとえば、視覚障害の方の場合は、白杖を持っていることで気づきやすいでしょう。

電車の中での障害者へのマナー

電車など公共の場での障害者に対するマナーは、今まで余り語られていませんでしたが、矢張りうやむやにせずきちんとこの問題に向き合うことが求められます。

障害者用の駐車場利用はマナーを守って

障害者用の駐車場が、病院、公共機関、スーパーなどでも定着していますが、特に、係員がいないスーパーやコンビニなどではマナーを守らず健常者がそこへ停めていることが珍しくありません。

身体障害者マナーの豆知識

障害者と接する時に、マナーを守ることが大事です。

まず、障害と一口にいっても車椅子を使用しているなど外見で分かりやすい方もいますが、見た目では分からない内部障害の方もいます。

視覚や聴覚、精神、知的と様々な障害があるので、ひとくくりにして対応することは出来ません。

仕事で接する必要がある時には、困っている様子が見受けられたら「お手伝いをしましょうか。」とか「不自由があればおっしゃって下さい。」と声掛けをまずしましょう。

いきなり、手助けをされても戸惑ったり驚いたりしてしまう障害者もいますし、実際に、必要としていない助けになる場合だってあるからです。

身体障害の場合でも、上肢、下肢などその一部が障害を抱えている方もいれば、複数個所に障害を抱えている方もいます。

必要とすることを接する時に聞くことがマナーとしてもとても大事です。

障害者は、ひとくくりではとても説明できない部分がありますが、こうした接し方を経験することで、少なくとも知識を持つことが出来るでしょう。

知識があれば、それが経験という糧になるのでそれを活かすことで、再度、障害者の方と接する時に役立ちます。

要は、対応する時に相手に対して失礼な言い方ではなく、真摯な対応で接することが大事です。

障害があってもなくても、これは社会のマナーともいえるので、分け隔てなく行うことが出来る方が広まることで、障害者への知識も自然に深まっていくのではないでしょうか。