障害者の人への接し方

障害者への接し方のマナーは、その障害も種々様々であり一概にこうだとは言い切れないものがあります。たとえば、視覚障害の方の場合は、白杖を持っていることで気づきやすいでしょう。

電車の中での障害者へのマナー

電車など公共の場での障害者に対するマナーは、今まで余り語られていませんでしたが、矢張りうやむやにせずきちんとこの問題に向き合うことが求められます。

障害者用の駐車場利用はマナーを守って

障害者用の駐車場が、病院、公共機関、スーパーなどでも定着していますが、特に、係員がいないスーパーやコンビニなどではマナーを守らず健常者がそこへ停めていることが珍しくありません。

障害者の人への接し方

障害者への接し方のマナーは、その障害も種々様々であり一概にこうだとは言い切れないものがあります。

たとえば、視覚障害の方の場合は、白杖を持っていることで気づきやすいでしょう。

手伝いをする時には、分かりやすく声をかけてから接するようにしましょう。

また、聴覚障害の方は、見た目で気づきづらいので手話をしている様子であれば、必要に応じて筆談をしても可能かどうかを尋ねましょう。

そして、身体障害者でも内部障害や上肢、下肢障害など色々あります。

出来ることもあれば出来ないこともあります。

マナーとしては、手伝うことが必要かどうかを相手に対して聞いてから接するようにしましょう。

周りの思い込みで、手助けをしても必要としていない場合もありますし、その逆の場合もあるからです。

障害者だから不自由していて出来ないことが多いだろうという思い込みでの接し方ではなく、必要とすることを知ることが接し方のマナーだと言えるでしょう。