障害者の人への接し方

障害者への接し方のマナーは、その障害も種々様々であり一概にこうだとは言い切れないものがあります。たとえば、視覚障害の方の場合は、白杖を持っていることで気づきやすいでしょう。

電車の中での障害者へのマナー

電車など公共の場での障害者に対するマナーは、今まで余り語られていませんでしたが、矢張りうやむやにせずきちんとこの問題に向き合うことが求められます。

障害者用の駐車場利用はマナーを守って

障害者用の駐車場が、病院、公共機関、スーパーなどでも定着していますが、特に、係員がいないスーパーやコンビニなどではマナーを守らず健常者がそこへ停めていることが珍しくありません。

電車の中での障害者へのマナー

電車など公共の場での障害者に対するマナーは、今まで余り語られていませんでしたが、矢張りうやむやにせずきちんとこの問題に向き合うことが求められます。

まず全体的に言えることですが、次の駅で降りるなどの正当な理由なく電車の出入り口で立ち塞がることは慎むことが大切です。なぜなら、そもそも何らかのハンディキャップを持っている、いないに拘わらず人の出入りの妨げになる上に、特に歩行や資格に障害のある人々の出入りの妨げになるからです。

また、障害を持つ人々をやたらにじろじろと見たり、逆に殊更に目を背けるような態度も良くありません。迷惑そうに舌打ちをしたり睨み付けたりすることや、こっそり指差して小声で噂をして笑うのは論外です。

そしていわば逆説的になりますが、「障害者に行き過ぎたマナー志向を押し付けないこと」が、大変重要なマナーの一つであると言えます。障害のためにどうしてもスムーズに動けず通り道などで立ち塞がってしまう結果となってしまったり、聞こえに困難があるため話し声が大きな声になってしまうことが多いなど、「逸脱した」ように見えてしまう行動には理由があることが多いです。特に外見からすぐに判りにくいタイプの障害を持つ人々がそのような行動をとってしまった場合、一般大衆はしばしば行き過ぎた攻撃をしてしまうことが多いということを理解しましょう。