障害者の人への接し方

障害者への接し方のマナーは、その障害も種々様々であり一概にこうだとは言い切れないものがあります。たとえば、視覚障害の方の場合は、白杖を持っていることで気づきやすいでしょう。

電車の中での障害者へのマナー

電車など公共の場での障害者に対するマナーは、今まで余り語られていませんでしたが、矢張りうやむやにせずきちんとこの問題に向き合うことが求められます。

障害者用の駐車場利用はマナーを守って

障害者用の駐車場が、病院、公共機関、スーパーなどでも定着していますが、特に、係員がいないスーパーやコンビニなどではマナーを守らず健常者がそこへ停めていることが珍しくありません。

障害者用の駐車場利用はマナーを守って

障害者用の駐車場が、病院、公共機関、スーパーなどでも定着していますが、特に、係員がいないスーパーやコンビニなどではマナーを守らず健常者がそこへ停めていることが珍しくありません。

店舗の側にあり、空いているから健常者が停めてもいいのではないかと言う主張があるかもしれませんが、障害者にとってはその駐車場しか停められなくて、買い物をしようにもそこが空くまで待つしかない方も大勢います。

健常者は、その駐車場じゃなくても少し離れたところのスペースでも停めることがあり、制約がないわけですからマナーを守りましょう。

また、障害がある方が停めているスペースは、左右にバイクや自転車を空いているからと言って停めないようにしましょう。

左右のスペースが空いていなければ、乗り降り出来ない車椅子の方や介護している方もいるからです。

一部のマナーを守らない人たちの行為によって、困っている障害者の方の現実をもっと知るべきでしょう。